動物とのふれあい活動

tel_sp01.png
tel_sp02.png
メールでのお問い合わせ

2019.01.20更新

今年初めてのふれあい活動は快晴の下

保土ヶ谷区のライフモア保土ヶ谷さんに行ってきました。

1ユメちゃん

2ハッピーくん

2龍馬くん

現在、感染症が猛威を奮い、

都内ではインフルエンザの感染者が急増して

警報まで発令される事態となっています。

私たちも十分気を付けて感染症にかからないように

日ごろから予防が大切です。

3

カナデちゃん

6

グラスくんイアリーちゃん

5クロべェくん

ウイルスを持ち込まないように十分配慮して最大の注意が必要かと思います。

施設の方からも犬がインフルエンザを運んでくるわけがないから

是非来てくださいと力強いお声をいただいて今回の活動となりました。

私たちのとっても久々の活動です。

昨年秋には私のスケジュールが合わずに活動日が決められなくて、

結局1度も活動ができませんでした。

6エコちゃん

7佐保ちゃん

 8

佐保や龍馬と共に対象者さんとのお話しや動物についての

いろいろな事についておしゃべりをしたりして

楽しい時間を過ごすことが出来ました。

対象者の方々もその都度しっかりと答えてくれていました。

何よりもその笑顔がきれいでした。

きっと楽しさを共有できたと思います。

やっててよかったなと思える瞬間です。

8

30分の活動があっという間に感じました。

また来ますのでそれまでお元気でいてくださいね。

 

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2018.02.19更新

今回のふれあい活動は自身の病院のふれあい活動ではなく、

横浜市南区で活動している「人と動物とのふれあいクラブ・ぬくぬく」の報告です。

「ぬくぬく」は南区独自のスタイルで発祥した動物介在活動を行う者の集まりで

平成10年より南区が主催する「人と動物とのふれあい事業」の中から生まれたふれあい活動を行う団体で、

老人施設や小・中学校に訪問しています。

この活動は行政と獣医師会と「ぬくぬく」が互いに協力し3本の柱となって支えていくスタイルで

20年の間、南区の動物介在活動を支えてきました。

その業績が実を結び横浜市長に今までの活動について発表する機会をいただきました。

1

横浜市長公邸に14人のぬくぬくのメンバーが集結し

このように林文子横浜市長を囲んでのクラブ紹介や

活動を行うにあたっての苦労話をお話ししました。

1

ところが開始いきなり林市長、上着を脱ぎ棄ててふれあい活動に参戦モード。

周りの市の職員も司会進行役の私も大慌てで、

さすがに猫好き、我慢が出来なかったのでしょうか。

早々に戻っていただきぬくもりトークの始まりです。

2

ぬくぬくの始まりや行政、南区獣医師会との係わりとかを説明した後、

メンバーの意見、感想などを発表しました。

3

4

林文子市長からお言葉をいただき、そしてついにふれあい状態に突入です。

自慢のパートナーと同伴しているメンバーの元へ近づくと

おもむろに抱っこしたり、頬ずりをしてきました。

6

7

 9

動物の力は大きいですね。

なんとついには市長自ら同居の猫ちゃんも連れてきてしまいました。

初お披露目との事でした。

77

皆さん動物談議に花を咲かせて終了の時間を迎えました。

これからもできる限り末永く、この活動を続けられるように

頑張っていきたいと思うのでした。

55

 

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2017.12.03更新

みなさんお待たせしました。

真夏の猛暑後初めての活動が

どうやら今年最後の活動となってしまいます。

この秋にはいろいろイベントがありまして

上手く予定が取れませんでした。

本日は保土ヶ谷区のライフモアさんに来ています。

12-3幸助くん

 12-3リョクちゃん

今回は集合時間が30分間遅くなり、病院業務やら出発準備やらで

いつもは手間取ってしまいギリギリの集合となってしまうのですが、

きょうは余裕をもっての準備が出来ました。

12-3ハッピーちゃん

12-3クロベエくん

12-3グラスとイアリー

その余裕が動物たちにも伝わります。

あわただしく集合したときは動物たちも落ち着きがなく、

ゆったりとした活動ができません。

本日の佐保は十分と時間をかけて馴らしましたので

最初から落ち付いて活動ができました。

12-3カナデくん

12-3びわちゃん

この日はメンバーの皆さんにとっても久々の活動だったらしく

パートナー以上に生き生きとした表情で参加していたようです。

対象者の方々の笑顔もさることながら、

ハンドラーの笑顔が素晴らしかったのがとても印象に残っています。

12-3フーちゃん

12-3龍馬くん

対象者の方の笑顔が、そしてパートナーの仕草が、

逆に私たちハンドラーを癒してくれてるように感じました。

 12-3ネーロくん

 12-3エアーちゃん

12-3佐保ちゃん

これからは感染症対策で施設に入れなくなります。

おそらく次回は来春となりますね。

それまで皆さん風邪などひかないようにお元気でいてください。

本日はありがとうございました。

12-3フィールくん

 

参加人数    16名

参加動物    犬 11頭

        猫 3頭  でした。

 

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2017.07.30更新

夏真っ盛りの本日は港南区、

野庭苑さんにおじゃましています。

野庭待合室で、準備中

でも、梅雨明けしてからのここ数日は

天候が不安定で曇りの日が続いています。

しかし本日は快晴で、気温ばかり上昇していては、

動物たちの移動に支障が起きてしまいます。

 

一番怖いのが熱射病ですね、

特にパグやフレンチブルドッグのような短頭種は

その危険が大きいのです。

真夏の散歩や移動には注意が必要です。

野場ユメちゃん

本日は少人数の参加で行いました。

私の病院からは私と章子さん。

ボランティアの四野宮さん、下村さん服部さんの

5人5頭での活動となりました。

 

本来ではもっとたくさんの動物たちとの

ふれあい活動をした方が活気があってよいように思われますが、

会場全体を見わたしている私にとっては比較的場が落ち着いている

少人数の方が気は落ち着きますし、安定した活動ができます。

 

動物たちがたくさんいるときには

動物たち同士の相性や苦手な相手もいるようですので

トラブルにならないか良く見ていないといけません。

 

今日はお話がよくわかる方ばかりで

動物もボランティアも人数が少ないことから2~3人と同時に

おしゃべりしていたので、大きな声を出して声がかれてしまい、

へとへとになってしまいました。

 

でも、ボランティアの皆さんもとってもやりがいがあったと、

満足していただけました。

 

 

本日の参加は

ボランティア   5名

犬        3頭

猫        2頭

でした。

 

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2017.05.28更新

本日も初夏を感じる陽気でたくさんの紫外線が

降りそそいでいるようです。

連日、真夏のような日差しで

夏到来を思わせる汗ばむ日が続いています。

本日は金沢区の富岡はまかぜさんに来ています。

kanadeユメ

本日は病院スタッフの犬たちと猫猫軍団の2人が参加してくれました。

今日も大急ぎで活動日が決まった関係で参加動物が少なめでした。

張り切って2人、3人と同時にお話しするなどして

盛り上げるようにしてみました。

kanadeカナデ


みんなに届くように大きな声で話しているうちに

次第に喉がかすれてしまいそうです。

neiroネーロ

なんと、100歳超のご婦人に合うことが出来ました。

お話しもしっかりとでき、

以前犬を飼っていたという事で大きな佐保ちゃんも

ぐいぐい触ってくれました。

saho佐保

佐保を連れていると、

その大きな姿といかつい顔立ち

(飼い主にとっては愛くるしい顔にしか思えませんが)で、

怖がられてしまうかと思いきや、

いきなり頭を撫ぜてきたリ、頬ずりをしたり、

大型犬を怖がりもせず楽しまれていました。

eco龍馬・佐保・エコ

 

と云うのも、以前シェパードを飼っていらしたとの事。

佐保は30kgと伝えたらうちのは45kgですって。

とても懐かしそうに話してくれました。

earエアーちゃん

昔は大型犬を飼っていた割合が多かったのでしょう。

それもあって大きい犬に引かれるのではないでしょうか。

ryouma龍馬くんです。

本日は少人数でしたけれど十分お話が出来ました。

また来ますのでお元気でいてください。

本日は

犬     4頭

猫  3頭

参加ボランティア  5名

でした。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2017.04.23更新

すっかり春めいて初夏を感じさせる陽気に変わってきました。

今年の春は桜がめずらしく長い期間咲きほこっていましたが、

その桜たちもすっかりと葉桜に代わってしまっています。

feelフィールくんです。

本日はライフモア保土ヶ谷さんにおじゃましています。

活動も久しぶりとなりました。

冬の間は感染症対策で施設も

外部の者の立ち入りを制限していますので

ふれあい活動は活動休止を強いられます。

 

ryouma龍馬くん

また、今年になってから日曜日が仕事や他の用などで潰れてしまい、

活動日がなかなか決まらない状況でした。

私たちのメンバーの皆さんにもしばらくの間お待ちいただいた状況でした。

ecoエコちゃん

 

fuuフーちゃん

 

kurobeクロベエくん

久々の活動ではありましたが、今回は犬のみの活動で

猫ちゃんたちが欠席となってしまいました。

猫ちゃんファンの方、ごめんなさいね。

fuu佐保ちゃん

その代わりと言っては何ですが、

施設のスタッフさんの飼い犬2頭が応援に来てくれました。

フレンチブルドッグのハッピーくんと

happyハッピーくん

happy

M.ダックスフントのリョクちゃんです。

ryokuリョクちゃん

飛び入り参加でしたが私たちのパートナーとも相性が良いみたいで

大きなトラブルもなく活動されていました。

また、来ますので

お元気でいてくださいね

本日は

犬 8頭

ボランティア 8名

でした。

 

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2016.10.16更新

つい先日まで真夏日ほど気温も上がり
半袖が手放せない陽気でしたがここにきて
さすがに秋を感じる気温となりました。

かなでちゃん。かなでちゃん。


イチョウも黄色い実をたくさんつけて
秋をアピールしているみたいです。

幸助くん幸助くん


本日はシャローム横浜さんにおじゃましています。
今回はいつもより動物たちが少なかったのですが、
対象者の方々も少人数でしたので
バランスが取れていたように思います。
30分の活動で2回目3回目と同じ方を訪ねるほど、
今回はゆったりとして余裕のある活動ができました。

フーちゃんフーちゃん


小型犬などは車いすの対象者の方の膝元にパートナーを載せて
触れてもらうやり方で活動しています。

シエルちゃんシエルちゃん


実は、このようにした場合、パートナーと対象者との間の
相性みたいなものが働いているようだと
ハンドラーの方のご意見をお聞きしました。

龍馬くん龍馬くん


確かに、パートナーを近づけて触れてもらうとき、
すぐにもぞもぞと動いてしまうときがあります。
時には、膝の上でうっとりと寝入ってしまう時もあります。
この違いは何なのでしょうか。
対象者の方の受け入れ姿勢や
以前の動物の扱い経験などが影響するのでしょうか。
または、痛み止めや湿布薬のような塗り薬や貼り薬のようなものが
影響しているのでしょうか。
いずれにしても何かの作用が働いて
じっとしている場合とすぐに動き出してじっとしていない場合があることを
ハンドラーは認識しておかないといけませんね。
パートナーに無理を強いることにもなります。

佐保ちゃん佐保ちゃん


「今日はこの子は活発みたいです。
私が抱っこしていますので、お話をしましょう。」などと説明して、
お話し中心での活動に切り替えていくと良いでしょう。

シエルちゃん、再びシエルちゃん、再び


いろいろなケースを経験して
ハンドラー、パートナー、ともに成長していきましょう。

 

佐保ちゃん、お疲れ!

佐保ちゃん、お疲れ!

本日の参加人数
ボランティア   9名
犬       4頭
猫       2頭
           でした。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2016.09.18更新

先日までの猛暑が嘘のように秋風が吹き、
夜になると寒さえ感じる季節となりました。
今年は台風の当たり年らしいですよ、
皆さん注意して備えは万全にしておきましょう。

龍馬君と章子さんです。龍馬君と章子さんです。

さて、本日は港南区の野庭苑さんにおじゃましています。
野庭苑さんは今年初めての活動で、
久々感満載でした。

エアーちゃんエアーちゃん

しかし、活動を開始するとすぐに
自分のパートナーの名前を憶えていて、名前で呼んでもらえたと
メンバーの方から喜びの表情とともに報告を受けました。

 

こちらとしては対象者の方をおじいさん、おばあさんと呼ぶのではなく、
お名前で呼ばせていただくために
名札を付けていただけるように施設の方にお願いしています。

 

お名前で呼ばせていただいたほうが
相手にとっても印象深くはっきりと受け答えいただけます。
また、より親近感がわいてきます。
では、今回何で私たちのパートナーの名前を知っていたのでしょう。

 

その答えは、別のフロアーに
この活動の写真があるギャラリーみたいなものがあるようです。
メンバーとそれぞれのパートナーの写真と名前が載せてあるそうです。

 

そういえば訪問施設のほとんどが
活動風景の写真を壁等に貼られていましたね。
活動までの間、楽しみにそれを眺めていたのですかね。
ありがたいことです。

 

それで、始めのごあいさつで
パートナーの名前が出てきたのですね。

 

メンバーも大喜びで活動に専念できたみたいです。

 幸助くん幸助くん

これからもよろしくお願いします。

 佐保と龍馬佐保と龍馬

本日の活動は
犬 8 頭
猫 2 頭
ボランティア 10 人
でした。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2016.07.17更新

益々暑い季節となってきました。
今年の夏は猛暑という予報が出ているくらい、
日中の暑さは半端なくらい熱いです。

オレインちゃん

私が子供の頃はこんな暑さはあり得ませんでしたが、
せいぜい28~30度で猛暑という表現をしていたような。

グラスくん

私の家にはクーラーもない時代でしたから、
今では想像もつきませんね。
古い時代の記憶です。ほぼ半世紀前です。
地球温暖化なのでしょうかねぇ・・・。

カナデちゃん

本日はシャローム横浜さんにおじゃましています。
今回の対象者さんは自分から進んで
会話をするような感じではなく、どちらかというと
こちらからの反応もゆるやかな方々が多く、
会話が一方通行になりがちでした。

ユメちゃん

でも、話し続けているうちに次第に打ち解けていき、
パートナーにも触れてくれるようになります。
どうしても会話が成立しないようでも、
一生懸命におしゃべりしていると
手をさしのべてくることが多いですので
あきらめずに頑張りましょう。

エアーちゃん


幸助くん


シェルちゃん

またこの日、施設のふれあい担当の職員さんから、
施設のスタッフさんたちもこのふれあい活動を
楽しみにしているとの事。
対象者のみでなく、スタッフさんにも
大きな笑顔が見られますという事でした。

ミディーちゃん


佐保ちゃん


エコちゃん

動物がやって来ることで多くの方々に笑顔と安らぎを招くこの活動を
これからも続けていきたいと再認識いたしました。


グラス・イヤリー・オレイン・佐保・エアー



本日の
参加人数は  12名
参加動物は  犬 9頭  猫 3頭 
でした。


投稿者: 加藤どうぶつ病院

2016.06.12更新

本日は保土ヶ谷区のライフモア保土ヶ谷さんに来ています。

エコちゃん

いよいよ梅雨の季節となりましたが、今日は快晴、行楽日和です。
仕事のほうもなぜか午前中が快適に終り、
久々に定刻に出発することが出来ました。

シェルちゃん

いつもなら、時間ぎりぎりであわただしく到着し
佐保やエコの心の準備も整わぬまま活動に突入することが多いのです。
そのようなときには外出の嬉しさのあまり興奮状態で
活動に入っても落ち着きがなく飼い主への甘えや要求
むだ吠えが目立ってきます。

ミディーちゃん


フィールくん

エアーちゃん


このようなときは仕方ありません、
活動の輪から離れて一人にして落ち着かせます。
今日は佐保と施設のまわりを少し歩けましたので
落ち着いた状態で臨めました。
本来ではこのようにパートナーへのケアーも充実させたいと思っています。

幸助くん


フーちゃん


グラスくん

いかにおとなしく活動に向いているとはいえ、
飼い主さんとの外出を楽しみと感じているはずです。
知らない土地で飼い主さんと一緒の散歩は
気持ちがワクワクして嬉しい気分になるようです。
また、いつもと違う場所での散歩で緊張感を与えてみます。
わずかな時間でも構いません。

カナデちゃん


ユメちゃん

そのようなリラックスと緊張感ありありの時間を過ごした後、
活動モードにスイッチを切り替えることが出来れば
落ち着いた活動ができるはずです。

佐保ちゃん


この日は目の見えない対象者がいらして、
動物たちを触り始めると表情が見る見るうちにやさしくなり
楽しそうに撫ぜていたのが印象に残りました。

楽しいふれあいをありがとうございました。

参加人数は13名
参加動物は 犬8頭 猫3頭  でした。



投稿者: 加藤どうぶつ病院

前へ
動物ふれあい活動 加藤動物病院のつぶやき 院長の独り言
メールでのお問い合わせはこちら