動物とのふれあい活動

tel_sp01.png
tel_sp02.png
メールでのお問い合わせ

2016.03.13更新

今年初めての活動にやって来ました。
ここのところ暖かい日と真冬のような日が
交互にやってくるといった感じで
少しずつ春が近づいていることを実感できます。
今回は、保土ヶ谷区のライフモア保土ヶ谷さんにおじゃましています。



冬の間は感染症対策で施設内での活動が出来ません。
インフルエンザ、ノロウィルスが流行している時期は
老人施設はとても神経質にならざるを得ません。
この時期になって、ようやく感染症も下火となり
動物介在活動の依頼が舞い込んできました。



久々の活動でみなさんは戸惑いなどあるかと思っていましたが
さすがにベテランぞろいのメンバーですので
皆さん落ち着いた行動で、上手にふれあいを行うことが
出来ていました。
とても頼もしいメンバーです。



前回、この施設で、あまりの興奮のおかげで
最悪・最低の活動だった佐保ちゃんも
今回はとても落ち着いて活動ができ、ちょっと安心しました。






本日は大型犬の参加が少なく、対象者の方々は小型犬や猫たちに気持ちが
集中したのか抱っこさせて欲しいとの要求が多く、
また、会話もたくさんできて楽しかった。
そのため、おひとりの方に多くの時間をかけてしまい
全体をくまなく回ることが出来なかったとの感想が多く出ました。



この活動はチームワークが大切です。
猫が好きな方、犬が好きな方、大型犬が好きな方、
すべての動物が好きな方、様々いらっしゃいます。






それぞれのパートナーの特製を活かし、それぞれのパートを
しっかり受け持つことが大切で、
必ずしも、全ての方々と均等にお話ししなくてはいけないと
思わなくても良いのではないでしょうか。
おしゃべりが弾んでしまうとすべての人を回ることが出来ませんが
そこのところはチームワークでカバーしたいと思います。


投稿者: 加藤どうぶつ病院

動物ふれあい活動 加藤動物病院のつぶやき 院長の独り言
メールでのお問い合わせはこちら