動物とのふれあい活動

tel_sp01.png
tel_sp02.png
メールでのお問い合わせ

2016.03.13更新

今年初めての活動にやって来ました。
ここのところ暖かい日と真冬のような日が
交互にやってくるといった感じで
少しずつ春が近づいていることを実感できます。
今回は、保土ヶ谷区のライフモア保土ヶ谷さんにおじゃましています。



冬の間は感染症対策で施設内での活動が出来ません。
インフルエンザ、ノロウィルスが流行している時期は
老人施設はとても神経質にならざるを得ません。
この時期になって、ようやく感染症も下火となり
動物介在活動の依頼が舞い込んできました。



久々の活動でみなさんは戸惑いなどあるかと思っていましたが
さすがにベテランぞろいのメンバーですので
皆さん落ち着いた行動で、上手にふれあいを行うことが
出来ていました。
とても頼もしいメンバーです。



前回、この施設で、あまりの興奮のおかげで
最悪・最低の活動だった佐保ちゃんも
今回はとても落ち着いて活動ができ、ちょっと安心しました。






本日は大型犬の参加が少なく、対象者の方々は小型犬や猫たちに気持ちが
集中したのか抱っこさせて欲しいとの要求が多く、
また、会話もたくさんできて楽しかった。
そのため、おひとりの方に多くの時間をかけてしまい
全体をくまなく回ることが出来なかったとの感想が多く出ました。



この活動はチームワークが大切です。
猫が好きな方、犬が好きな方、大型犬が好きな方、
すべての動物が好きな方、様々いらっしゃいます。






それぞれのパートナーの特製を活かし、それぞれのパートを
しっかり受け持つことが大切で、
必ずしも、全ての方々と均等にお話ししなくてはいけないと
思わなくても良いのではないでしょうか。
おしゃべりが弾んでしまうとすべての人を回ることが出来ませんが
そこのところはチームワークでカバーしたいと思います。


投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.11.22更新

晩秋だというのに暖かい日が続いています。
今年の紅葉も遅れているとの事、温暖化なのでしょうか。
本日はライフモア保土ヶ谷さんにやって来ました。



私たちはいつも日曜日の午前中に診察を済ませてから
訪問活動に出かけるのですが
時として仕事が押してしまうことがあります。
そんな時にはコンビニで仕入れたおにぎりやサンドイッチを
あわただしく詰め込んで飛び出して行くのですが、
私たち人間は頭で理解していますので
素早く切り替えることができます。
しかし、動物たちはそうはいかないみたいで・・・。



今日の佐保は外に連れ出してもらう事で嬉しくなり大はしゃぎでした。
車でほんの30分ほどで到着しても、興奮は収まるはずもなく
活動中ずっとはしゃぎっぱなしでした。



活動の前にはゆったりとした静かな時間を作り
パートナーの活動に対するモチベーションをアップさせるように
準備しておかないといけませんね。



本日集まってくれたボランティアさんとパートナーたちは
何度も経験を積んだベテランさんばかりなので
本日の佐保の行動は恥ずかしい限りです。
もう少し服従訓練をして制止が効くようにしなくてはいけませんね。



本日も沢山のメンバーが集まってくれました。
ありがとうございました。
今年の活動はこれで終了です。
ちょっと早いですが
皆さんよいお年をお迎えください。




投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.11.01更新

すっかりと秋めいてしまい、巷ではハロウィンの飾りつけで
あふれている季節となってしまいました。
夏休みも明けてさあ活動と考えていたのですが
何度か予定していた活動が中止となってしまい
やっとこの日に活動することが出来ました。



今回、メンバーの皆さんにとっては久々の活動要請にも
快く受けていただいて頼りになります。




今回訪問したシャローム横浜さんは今年は2回目の訪問です。
施設の職員さんも積極的にこの活動に取り組んでいただき、
いつもありがとうございます。



対象者さんとの会話も明確にできますし、話も長く続けることができます。
動物との触れ合いも大切ですが、こうした会話や話題に対しての
正確な受け答えも大切な介在活動の一部でもあります。
このような楽しい会話にしばし時間を忘れるひと時でした。



これからの季節は感染症対策ということで
訪問が出来なくなってしまいます。
本当は動物たちにとってはこの季節が
訪問活動には適している時期なのですが、仕方ありませんね。



ボランティアの皆さんも風邪やウィルス感染などせぬよう
手洗い、うがいを怠らず健康管理には十分気を付けましょう。



投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.06.28更新



6月も最後の日曜日となりました。
早いものですね~、今年も半年が過ぎようといています。
年々時間の経過が早くなったような気がしてしょうがないと
感じていませんか?
年のせいなのですかね? ・・・・・。



本日もお天気よく多くの動物たちが集まってくれました。
元々は少人数で始めた活動でした。
ほとんどが私の病院の患者さんの集まりから始まった
訪問活動でしたが、最近ではぬくぬくのメンバーも
参加してくれまして、この日は犬14頭、ネコ4頭の
総勢18頭が富岡はまかぜさんにおじゃましました。



富岡はまかぜさんの活動スペースは比較的広い空間なのですが
これだけの人数が集まると熱気むんむん。
初めて参加の大吉くんや3回目の幸助くんも戸惑いを見せるのかと思いきや
けっこう無難にこなしていました。



今回初参加のジャックくんは相変わらず訳が分からない行動で
手を焼かせてくれました。
まだ、3ヶ月のGシェパードですから致し方ないですが・・・。
少しずつ経験を積んで社会化を試みているところです。
大きなお兄さんや先輩方の前でも騒ぐことなく、遊ぶことなく
落ち着いて活動ができるように指導していきますので期待していてください。



次回は7月19日の日曜日、シャローム横浜さんです。
3連休の間只中ですが、頑張って訪問いたしますので
楽しみに待っていてください。





投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.05.31更新


本日はライフモア保土ヶ谷さんに来ています。
開催日時があいまいなまま突然の招集に多くのボランティア動物たちが
集まってくれました。いつも感謝しています。



この時期はフィラリア検査や狂犬病予防注射などで忙しい時期でもあり
集合時間ぎりぎりでの到着となってっしまいました。
いつも申し訳ありません。



病院からは佐保とエコが参加しました。
まだまだやんちゃな佐保でもうちょっと落着いてほしいものです。



本日の活動で一番印象に深く残っていたのはクロベーくんのハンドラーさんの感想でした。
前回はクロベーくんがまだこの活動を始めたころにハンドリングをしたみたいですが、
久々に引いてみて驚くぐらいに落着いて、ほかの動物にも影響を受けずに
ベテランさんのように活動をしていたそうです。
そう、実はこの間何度か彼女の弟さんがハンドリングしていた時期があって
クロベーくんはこの活動に慣れていったわけですね。
素質さえあれば最初は荒削りでも理想の動きになってくるものですね。
これからもよろしくお願いします。



投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.03.15更新

今年最初の訪問活動になりました。
この冬の感染症はいかがでしたのでしょうか。
皆さんお元気で私達を迎えてくださるでしょうか。



そんな期待をこめて本日はライフモア保土谷さんにやってきました。
私の病院スタッフ以外のメンバーも感染症対策明け初めての活動とあって
気合が入っていました。
今回は今までになく大人数での訪問となりました。



なんと、犬13頭、猫4頭、ボランティア18人がそろいました。
ここの施設は広いスペースで活動ができますので
大人数でも楽々ですし、これだけ動物たちがいると
活動自体もゆとりがでてきます。



30分の活動時間ですけど、あっという間に時間が経過してしまいます。
対象者の皆さんとのお話も30分しっかりとできますので
声がガラガラとなってきます。
皆さん活発な会話ができて楽しまれていたようで
こちらもたくさん元気をいただいた感じです。



また来ますので
お元気でいてくださいね。


投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.03.12更新

ようやく感染症対策も緩くなってきました。
もう3月です。
梅の花が満開の季節となってしまいましたね。
本日は南区の「人と動物のふれあいクラブ ぬくぬく」の活動に
参加してきました。



この活動は南区の南福祉保健センターが主催する
「人と動物とのふれあい事業」より派生したボランティア団体、
「ぬくぬく」の独自で行っていますふれあい活動(動物介在活動)です。
年間17~18回、5施設に訪問活動を行っています。
詳しくはおいおいご説明していくつもりです。



私は実は久々の活動参加でした。
というのも、活動日がウィークデイのことが多く
仕事の都合上、参加できないことが多くてメンバーの皆さんには
申し訳なくて仕方ありません。



対象者の方々も活発な会話ができて楽しい活動ができました。
参加したある方は「動物はかわいくて見ているのはとても好き。」
「だけど、触るのはちょっと苦手。飼った事も無いし、怖くて触れない。」
とおっしゃっていました。

動物が近付いてきて、隣の方がそっと手を差し伸べるのを見て、
思わず手が伸びてきたみたいで、ごく自然に犬たちに触れていました。
「触れるじゃない!!」って言ったら、
恥ずかしそうに「触っちゃった!やわらかいね。」って。
すごくいい笑顔で教えてくれました。
また一人、動物好きを発掘してしまいました。




「また来るね」ってご挨拶したら、ニコニコとして手を握ってくれました。
また、いこっと。

本当は皆さんの素敵な笑顔をそのままに見てもらいたいと考えていますが
ぬくぬくの規定で写真の公開がこのような形でしかできません。
訪問した施設名も公開することができません。
規則ですので仕方ありませんが、おいおい施設とも話し合って
せめて皆さんに生の活動に近い雰囲気を感じ取れるように
していきたいと思います。


投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.01.01更新

いよいよ2015年がスタートしました。
今年もふれあい活動にご協力のほどよろしくお願いします。
でも、この時期、インフルエンザやノロウイルスなど感染症対策で
施設側の受け入れができません。
季節が変わり、感染症の危険が少なくなった春には活動依頼が殺到する事でしょう。
皆さんご自身の体調管理も怠らないようにしてくださいね。
この写真は佐保ちゃんの若かりし頃のものです。
ジャーマンシェパードの佐保ちゃん、生後2ヶ月のころです。
現在では横浜散歩でもしっかりふれあいができるようになりました。
やっと11ヶ月になりました。
街で逢ったら声をかけてください。
どこ触ってもおとなしいです。
顔は怖いとよく言われますけど...。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2012.12.19更新

よろしくお願いします。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

前へ
動物ふれあい活動 加藤動物病院のつぶやき 院長の独り言
メールでのお問い合わせはこちら