加藤どうぶつ病院のつぶやき

tel_sp01.png
tel_sp02.png
メールでのお問い合わせ

2015.12.30更新

本日は佐保ちゃんと中華街警備に行ってきました。
横浜中華街でNPO神奈川救助犬ネットワークの方々と
年末のパトロールに参加しました。



この企画はワールドカップ日韓同時開催の時の
フーリガン対策として、この横浜中華街の街の
安全対策や犯罪抑止を目的に行われたものが始まりで
今まで毎年行われているものです。

当時は先代のニコちゃんと参加していましたが
昨年からは佐保を連れて参加するようになりました。



先代のニコちゃんは体も大きくおとなしいので
かなり存在感がありました。
誰にでも触ってもらえるし、
ほかの犬や猫を見ても吠える事が無いくらい
扱いやすいシェパードでした。



今年で2回目となる中華街警備。
横浜中華街発展会協同組合の李さんや根本さん
そして加賀町警察の皆さんと夜の中華街を歩きました。
佐保ちゃんもニコに劣らずおとなしいシェパードです。
加賀町警察の皆さん、横浜中華街発展会協同組合の皆さん、
これからもよろしくお願いします。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.12.27更新

今日は年末恒例の餅つき大会です。
今年はたくさんの子供たちが顔を出してくれました。
普段、蒼龍君は他の人との接触が少ないので
異様な雰囲気でちょっと迷惑そうです。



でも、しばらく遊んでいるうちにすっかりと打ち解けて
大好きなボール遊びで仲良くなったようです。
さすがに9歳の蒼龍くんはすぐにバテバテ。
佐保ちゃんはまだまだいけると申しておりました。



さて、いよいよ餅つきが始まります。
いつも応援に来ていただいています四野宮さんです。
かまどの番をして、よい火加減を保ってくれます。
毎年、薪の調達が大変です。
薪は燃えやすいように細く割っておきます。
薪割も楽しい作業ですね。



四野宮さんは毎年ヨモギ餅を作ります。
春に摘んできたものを下処理してこの日につき上げます。
緑が鮮やかでよく香るお持ちになります。



私の弟夫婦も毎年参加してくれてます。
彼の嫁さんがつきあがったお餅をのし板でのして形を整えてくれます。
いつもありがとう。



さあ、餅つきの始まりです。
この日は息子の友達も大勢駆けつけてくれて
大賑わいの餅つきです。
このように、杵と臼でぺったんぺったん。
お米が次第にきめ細かなお餅に変身していきます。
つき手はおそらく明日には全身筋肉痛でしょう。



最後のひとうすがつきあがるころには
すっかり暗くなってしまいます。
参加してくれた人たちもすでにたらふくお餅を食べて
お腹いっぱいでしょう。
後片付けもみんな一緒で、あっという間。
臼さん、杵さん、また来年よろしくお願いします。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

動物ふれあい活動 加藤動物病院のつぶやき 院長の独り言
メールでのお問い合わせはこちら