院長の独り言院長の日常を更新しています

tel_sp01.png
tel_sp02.png
メールでのお問い合わせ

2016.11.04更新

本日は鴨下丸さんに乗船です。


ここのところ不調続きで大した釣果もなくやきもきしていたところです。
釣友の宮下さんに誘われて今回3度目のトライです。
前々回のタチウオはパッとした釣果でなく、ちょぼちょぼって感じで終了。

前回はマグロのメンバーで青物チャレンジし、撃沈を食らいました。

今回は連日そこそこの釣果の報告があり期待に胸を膨らませての出撃です。
同船者も合計8名だったような。
青物見たさの強者ばかりのようです。
そんな中で、今日はどんな釣りができるのか心配になってきました。
皆さん思い思いのしゃくり方で釣り開始。
しばらくしていると釣友の宮下さんにヒット!

m1

 
結構大きそう。
上手いやり取りですぐに上がってきたのはワラサクラスのナイスバディ!

m2

 

いい顔してるね~

 デカいね~~、こんなの東京湾にいるんだ!
が、私の感想。これは幸先がよろしいね、今日は。

しかし、後が続かない。

場所を大きく移して再開。
そこで私に待望のヒット! が、すんなり上がる。
イナダでした。

またヒット、も、カンパチのショゴクラス。

きょうもダメかな~の雰囲気が辺りを包み込むような時間に、
船長、上げ潮でこの辺りはワラサの回遊があるはず。
のお言葉。
腕パンの体に鞭打ってしゃくりだす同船者。

すると、ヒットの声の主は宮下さん。
え~~、2本目?? 何でよ!
今度もデカい! 
ブリのような魚体が姿を現す。
マグロの憂さを晴らしているようです。


よしわかった。宮下さんの真似をしよう。
連続ハイピッチの後にポーズの繰り返し。
かなりしんどい釣り方です。

他の方がヒットの声。
魚はいるはず。
すでにもう陽がかなり傾いている。
時間か~~。
いや、最後まで頑張ろう、悔いのない釣りをしよう。

と、底から5しゃくりぐらいでひったくるようなアタリ!
アワセを入れてフッキング。

デカい、

重い、

慎重に。

途中何度かドラグを出していったがついにネットイン。
いや~~、何とか型を見れて満足です。

 満足

帰りの夕日がきれいでした。

 夕日

家ではお刺身とあら汁のみそ仕立てでいただきました。

東京湾、面白くなってきそう。

そうはうまくいかないか。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2016.09.02更新

前回のキメジゲットの後も何度かトライするものの
ナブラは復活せず、相変わらずの静かな海状態で、
鳥も少ない状況の釣行を繰り返していました。
あっという間に8月も過ぎ去りいや~な空気が辺り一面漂う中、
例年ではこの時期にナブラ復活が起こる時期のハズと
期待ばかり膨らんでいます。
いつもの3人で龍義丸から出船。

 龍義丸

今までいろんなことを試してきましたが答えが出ていません。
ナブラが無いので誘い出し。
誘い出しは得意ではありません。
出てきたためしがない。
今までの実績から行くと、ナブラの中にシンキング・ペンシルを沈めて
チョンチョンと誘いをかけるやり方かな。
私が過去に仕留めたやり方。
この日も前半、な~~んにもない。
鳥はいるが動きが速く追いつかない。
投げるチャンスがない。

 

イメージです。イメージです。


午後になると船長大移動。
ここにはマグロ船団が大集結。鳥っ気もあり興奮度上昇中。
と、突然巨大ナブラ出現。

イメージです。

釣友2人はミヨシに位置し、キャスト開始。
私もワンテンポ遅れてシンペンをキャスト、
イメージ通りにチョンチョンとアクションを入れると確実なアタリ。
鬼アワセを数発入れてフッキング。
ファーストランはそれほどでもなく、
いつもの相模湾のアベレージクラスのようだ。

 記憶

あ~、ここで、前回、あるいは昨年のいや~な記憶が頭の中を駆け巡る。
あせるな、あわてるな、無理するな、慎重にいけ、
こんな言葉が頭の中をめぐり回る。
いいぞ、確実に上がって来る。あとは取り込み時に注意だ。
船長のモリが一発で決まる。やった、ゲットだ、2年ぶりだ、よかった。

ミヨシの2人は残念ながらノーバイトでした。

本日のヒットルアーです。

 ヒットルアー

テイルフックが上あごにかかり半分が口の中にありました。
ご覧の通りテイルの部分が破損していました。
マグロすごい!


お持ち帰りにはこれ!
久々に登場、マグロバッグ
ちなみに一人では運べません。

 マグロバッグ


家に帰って解体ショー。

 解体ショー

釣友が胃袋の中身を気にしていましたのでチェックしたところ
胃袋の中身は18cmぐらいのマイワシでした。
まさにマッチザベイトでした。

 マッチザベイト

業者さんもお祝いに駆けつけてくれて、皆さんにもお土産に。
あっという間にマグロはさばけました。
届かなかった方、ごめんなさい。


次回に期待していてねって、そう簡単には釣れません。

放心状態放心状態

今年のマグロはなんとか1本上がりました。やれやれです。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2016.08.05更新

いや~ 今年も半端なく暑い夏がやって来ました。
夏の相模湾といえば、シイラ、カツオ、メジの季節です。

私若いね。

しかし、近年はキハダマグロがターゲットになっていますね。
私も2008年からマグロを追いつつ3年間は全く釣れず、
2011年にようやく10kgクラスを1本、
そして、2012年には待望のマグロクラスを2本、
2013年、2014年にそれぞれマグロクラスを1本ずつ上げていました。

アベレージサイズ

しかし、昨年はそれまでの年とは違いイワシ団子のボイルが少なく、
ボイルがあっても期間限定で長くは続かず、
誘い出しメインの釣行が多くゲット出来たのはキメジのみでした。

これでもよく引きます

今年も梅雨明けの間際頃より釣行に出ましたが時化模様であったり、
鳥の姿見えずであったり、7月を過ぎた状況で
坊主街道まっしぐらの状態が続いていました。

ここにきて、またダメか~状態のあきらめムードたっぷりですが
釣友に誘われての釣行となりました。
本日は小田原平安丸さんでのチャレンジとなります。

この日は鳥っ気もありちょっと違った雰囲気を感じていました。
しばらく沖に走って鳥山を発見、しかもローテでミヨシに立っていました。
この日はしっかりとイワシ団子が出来ていました。
ひょっとして、今季初のイワシ団子を見たように思います。
周りのチャレンジャーのキャストをかわして、
ワンテンポずらしてナブラの中にフローティングがジャストイン。
次の瞬間、大きな飛沫と共に確かな手ごたえ。
おきな合わせを5~6発入れた後ファーストランに耐えるよう
ギンバルに竿尻を装着してファイト体制。
次の瞬間、ライン切れでフックアウト。
あ~~、絶対に今のはマグロ。
真下への突っ込みも、ラインの出方もマグロだったのに~。


でも今日はまだチャンスはありそう。
そうこうしているうちに次のナブラ。
今年はこんなナブラの出方、そしてその数、今季初だと思います。
しかも、ローテで左舷のミヨシの下にポジション。
いただき~とばかりにフローティングをナブラ中央に向けてフルキャスト。
しばらくホットケの後強い当たり。
今回も鬼アワセをいくつか入れてファイティングポジション。
皆さんの邪魔にならないように同の間に位置を変えてファーストラン、
さらに、セカンドランに耐えているとき、突然のラインブレイク。
え~~~、うそ、何で???
どこでブレイクしたのか、ラインを回収してみました。
ノットでもなく、リーダーでもなく、フックが延ばされたり
ルアーの破壊でもありません。
なんと、2回ともPEラインで切れていました。
ショックです。
ラインのメンテは確かに、こまめにはやっていませんでした。
ショックでした。マグロを甘く見てはいけません。

本日の釣果

結局、この日はキメジのみの釣果でした。
1本です。
同船者はマグロをゲットしていました。
ラインさえしっかりしていればとの後悔も、
帰りの重い体にのしかかります。
マグロへの道は遠いなぁ~。

でも、キメジゲットに周りは祝福してくれました。
キメジは美味しくいただきました。

家ではデカいね。


刺身

旨かった。


チャレンジは続くのだ!

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2016.02.26更新

またまた相模湾に釣行してきました。
昨日、一昨日の釣果情報から、今日は出そうだと
予感というか期待感というか、わくわくするものを
感じて、再び長井港を訪れました。
前回の釣行でサワラのキャスティングが見えてきたので
なんとなく試してみたいメソッドが沸き上がってきました。


どちらかというとサワラの口は意外と弱いように思っています。
鬼アワセやきつめのドラグテンションだと即フックアウト。
掛かってからはドラグが出るぐらいからファイト。
途中で徐々にドラグテンションを
上げていく方法で対応してみました。



また、跳ねが起こった場所にキャストできない場所にいる場合でも
サワラは船の周囲に回っていると思い
投げやすいところに手当たり次第にキャスト、
特に、ロングキャスト。



この方法でなんとこの日は6本ゲット。
全部持って写真をとの船長の要求に、それは無理。



この冬のサワラキャスティングは満足で終われそうです。
持って帰ったサワラを美味しくいただきました。



刺身 味噌漬け 焼き物 サワラの漬け丼 いろいろ作ってもらった。
旨かった。



これはサワラの南蛮漬け



これはお刺身




これはサワラのムニエル




これは漬け




これは塩焼き





これはサワラの味噌汁





私の大好きなサワラの漬け丼

腹いっぱいだ、

また 行こっかな。




投稿者: 加藤どうぶつ病院

2016.02.05更新

今回は相模湾のサワラを求めて長井港までやって来ました。
今回は前回とは違い、快晴、無風のベストコンディション。
大きなアタリの感触とともに、今にもこの腕に衝撃が走るかのような
大きな妄想の中、船は葉山沖の海域へ。

何という事でしょう、鳥がいない。

ナブラが見えない。

相模湾のサワラ狙いはキャスティングのナブラ打ちがメインのようです。
しばらくはジギングで様子を見ますが全員アタリなし。
時間ばかりが無駄に過ぎていきます。
見回すと、相模湾中のキャスティング船が終結しています。

昼近くになるとあちこちでナブラらしいものが起きはじめました。
近くの船が一斉にそのナブラに終結!
一斉にナブラにキャスト。
しかし、ナブラすぐに沈んでしまいます。
また、待ちの時間。

どっかで見た光景。
キハダのキャスティングだ。

結局、タイミングよくキャストできたものが手にできるのかな。
やっとミヨシにたどり着きロングキャストして誘い出し状態で
ようやくヒット。
4kgの良く引くサワラゲットしました。
難しい釣でしたね。
キャストのタイミングとアキュラシー、
柔らかなフッキング、適正なドラグ。
今回必要と感じたものですかね。
ナブラ、早く沈みすぎですね、今日は。



前回同様
美味しくいただきました。
ありがとうございました。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2016.01.29更新

本日は東京湾の真鯛を求めてタイラバ釣行に釣戦です。
東京湾タイラバはあまり経験がありません。
昨年に、タイラバを初めていきなり5枚ゲットしてから
病みつきになってしまい、本日、製薬会社の方々と釣行になりました。

しかし、本日海況悪く一日雨と風!
船が大きく上下する中の釣りとなり、この時点でタイラバは断念。

仕方なくサゴシ、あわよくばサワラ狙いに切り替えるも、
状況はますます悪くなる一方。
そんな中でも、何とか私のジグにヒットしました。
釣りあげてみるとけっこう良い型で、3.9kgありました。



しかし、それ以降はアタリなし。
天気に振り回された1日で終了となりました。

今回はロングジグにテイルのみにトレブルフックの装着でトライしました。
バレントンの船長さんのおすすめです。
こうすることでリーダーカットが減少するという事です。
フロントフックもありませんでした。
ここにヒットしたらリーダーカットの可能性が増すし、
無くてもサワラなら差がないとの説明でした。
ちょっと、タチウオパターンに似ているな~って感じました。

船長によってはいろいろな考えがあって面白いところであります。



さすがに東京湾のサワラは美味しかった。
アラはしっかりと血抜きと洗いをして、
みそ仕立てのアラのスープでいただきました。
これも、出汁が出ていて超旨かった。
ごちそうさまでした。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.10.23更新


本日はのんびりと釣りがしたくて管理釣り場にやってきました。
ここは足柄上郡開成町にある開成水辺フォレストスプリングスという
私のお気に入りの管理釣り場です。
管理釣り場じゃ簡単に釣れるでしょうと思っているあなた、
結構はまると面白く、難しいです。
当たり前に釣れますけど、もっと釣ろうとすると苦労します。
特に、ビッグサイズを狙うとかなり苦戦を強いられます。
ちなみに私はフライで釣戦しています。
フライキャスティングもとても難しいです。
いまだ遠くには飛んでいきません。



なぜ、ビッグサイズにこだわるのかと言いますと、
ここの魚は食べておいしいからです。
特に、60cmクラスのドナルドソンは脂がのっていて
酢で〆たものを押し寿司やチラシにしたりすると美味です。
冷燻にしても、おいしいスモークサーモンに!

ただ、この日はアベレージサイズの50cmどまりで
ビッグサイズには及びませんでした。

これはたぶんサクラマス  かなぁ~



お昼は定番のマスカレーをいただきました。
ここの食事は結構人気があります。
私はマスカレーがお気に入りでご飯少な目でお腹いっぱいです。



たまにはこんな釣りもいいですね。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.10.09更新

いや~~、今年は幾度となく挑戦してきたのですが
天候に恵まれずに出撃ができなかったり、
良いナブラに出会わなかったりで結局いまだ1本もあげていません。

いや~~、何がいけないのか、何が足りないのか、
いろいろ悩む年でした。(もう過去形だよ)

いろいろ試しました。
もっと精度を上げようとキャスティングフォームを
矯正して見たり、ノットをPRからFGに変えてみたり。
もう一息なのですが、デカいのをかけるまでにはいってません。

今年はあきらめようという気持ちが体の中に満ち始めたころ
鳥山ですごいことになっているとの情報が突然舞い込んできました。
それも、東の海域で。

よっしゃ!秋のイワシのついた最終ナブラと判断
この時期の乗合船の空きを探し、見つけました。

前置きが長くなってしまいました。
いかに今年の夏のチャレンジが困難を極めたのかが言いたかったので

今回の出船は貴政丸さんにお願いしました。

朝一、江の島沖まで行ってしまったのがびっくりでしたが
ようやく東海域に戻してほどなく鳥山を発見。
シンキングでキャスト後沈めるとラインが走り
待望のヒット、合わせも決まってファイトするも小さい。
上がってきたのはなんとブリと言っても良いかと思うぐらいのワラサ。
計4本ゲットして、再びナブラ探し。

すぐにナブラ発見、今度はマグロの跳ねも確認できます。
しかもサメ付き!
イワシ団子にシンキングを沈めあたりを待つ。
と、ラインが走り4~5回の合わせを入れてフッキング。
今度はマグロの走りとわかるドラグの出方。
でも、走りは30mぐらいで止まり。

あ~~、マグロとのファイト、楽しい。
でも、すんなり上がってきてしまい、ゲット。
メジクラスでしたが11kgありました。



まだ、ナブラがあるので再度キャストするがなかなか食わない。
そのナブラが沈んでもこの日は幾度となくナブラが出現する。

チャンスとばかりシンキングをキャスト、そしてヒット。
4~5回の合わせを入れても感覚は重たく動かない。
と同時にファーストラン。
今度は違うぞ!一気に100m以上持って行った。
これが俺がかけたかったマグロの走りだ!
新調のギンバルとの相性もよくロッドの曲がりもいい感じ。
ドラグをちょっと締めてファイト開始。
ぐいぐいと上がってきます。
いや~~、この瞬間がたまらないのです。
今までの苦労や、悔しい思い、そして今までのいろんな思いが
複雑によみがえってきます。
いま、マグロと戦っています。
もう少しで海の中にギラギラしたマグロが弧を描いて上がってきます。
船長、魚が船の下に入って今いました。ちょっと船の操船お願いします。
なんと船長船を前進、驚いた魚はさらに船の向こう側にと思った瞬間
舟艇にラインがこすれて
何と、
ラインブレイク。

・・・・・・。

今年はほんとにツキがないのか実力不足なのか
マグロクラスとは出会えませんね。
本日はワラサもゲットできたので良しとしましょう。
マグロクラスとのファイトもできたことですし。

来年に期待します。












投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.08.07更新

本日もマグロチャレンジに行ってきました。
今年の相模湾はいつもと違い開幕したかと思いきや
どうもナブラの出現が少ないように思います。
今日の釣行まで通い続けていますが
良いナブラには恵まれずいまだ坊主街道まっしぐらです。

本日もいつものメンバーで龍義丸にお世話になりました。

釣友のTさんは開幕戦早々に1本上げていますので
余裕のコメントばかりで私の心をグサグサ貫いてきます。
まったくうらやましい限りです。

この日もナブラが少なく鳥もまばらな状態でした。
そんな中でも少ないチャンスにキャストを繰り返すのですが
私のルアーは食ってくれません。
もちろんメンバーのルアーにも。

そうこうしているうちに今日もダメかな~という時間が
まったりと流れていく。
今年は何度となくナブラを叩くのですが一向にヒットしませんので
あきらめかけたときにここぞというナブラが・・・。
18cmのフローティングをナブラのヘリにたたきこむと
水柱とともに懐かしいアタリが手元に。
がっつりと合わせを食らわせしっかりフッキング。
さあ、ファイト開始、と思いきやラインの引き出しがいまいち。

いつものサイズのマグロならしばらくラインを引き出すのですが
すぐに止まってしまいます。
すぐによってきたのはキメジでした。



釣友曰く
「とりあえず、おめでとうございます。相模湾のマグロですよ。
 このサイズでも釣れない人はたくさんいますから!」
「よかったじゃないですか。」

・・・・・・・。

とりあえず、私は「ありがとうございます。」

私の釣りの師匠と思っている方ですので。
でも、本当は、
「これはメジですよ、加藤さん、技術を高めて挑戦してください。」
が、本当の言葉なのかと思っています。

ま、相模湾のマグロはとても難しい釣りですので
そう簡単には釣れないとは覚悟していますが、
今後に期待ですね。

次も頑張ってみたいと思います。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.07.03更新

いよいよ待ちに待った相模湾キハダ釣りの開幕のようです。
2008年より毎年、ここ相模湾にキハダが回遊するようになって今年で8年目です。
マグロを追いかけて今年で6年を迎えます。
最初は釣り方も何もわからず、でも楽しかった。
最初に釣ったのは弘美丸さんで、10kgのメジクラスでした。



翌年には23kgの正真正銘のキハダをあげることができました。
それから毎年キハダを手に入れることができています。
そんなマグロが今年も相模湾に入ってきました。
今からとても楽しみです。




勇んで挑戦したこの日は実は2回目の出撃でした。
初回は真鶴の嘉丸さんで挑戦しました。
この時期、ナブラといえばシイラのナブラばかりで
キャストしてもかかるのはシイラばかり。
ところが、そのシイラナブラに突然キハダが出てきたのです。
すぐさまキャスト!
私は、残念ながらシイラがヒット。隣の方にマグロがヒットしました。

まだチャンスはあったのですがファイト中なので
そのナブラへのキャストはできず、結局それで終了でした。
1回の出撃でマグロのナブラは1回のみで
あとはシイラナブラのみでした。

そんな、こんなで本日は龍義丸さんに乗船です。
ここでは3本とっているので相性がよろしいみたいです。
がしかし、やはりシイラナブラばかりでかかるのはシイラばかり
しかも、ナブラ1つに8~10隻ほどの船がつけています。
天候はどしゃ降りの雨。
が、突然、またしてもシイラナブラにキハダが!
釣友、冷静にキャストし見事ヒット!
私も負けじとヒット!
が、ラインが交錯、他船とも絡み惜しくもフックアウト。

それ以降は雨は一向に止まず、マグロのナブラ浮かず。
結果、シイラのみで終わってしまいました。



いや~、難しい!
これだからマグロはやめられないのかも。

シイラは持ち帰って美味しくいただきました。
佐保ちゃん、蒼龍くんも捌くの手伝ってくれました。






投稿者: 加藤どうぶつ病院

前へ
動物ふれあい活動 加藤動物病院のつぶやき 院長の独り言
メールでのお問い合わせはこちら