院長の独り言院長の日常を更新しています

tel_sp01.png
tel_sp02.png
メールでのお問い合わせ

2017.07.07更新

今年度2回目のマグロチャレンジです。

本日も横須賀長井港の龍義丸さんからの出船です。

ここのところ釣果も安定しているようで、

本日期待大での出港となりました。

が、しかし、鳥っ気なく朝からクルージング。

しばらく行くとまばらな鳥の下にもじるような

おそらく小魚のライズの嵐。

キャストしてみると正体はなんと20cmぐらいのサバ。

これにマグロがついていないかと期待して

キャストすれども出てこない。

あきらめて探索開始。

しばらくして、船長が

鳥が数羽旋回しているのを発見し急行。

と、突然マグロが跳ねだしてくる。

待ってましたと全員相手のタイミングを見つつキャスト。

今回4人での乗船、

次々とヒットの声。

私にはまだ手ごたえがありません。

こりゃダメかとばかりに

ルアーを回収しようかなと思った瞬間に待望のヒット。

前回の悔しい思いをぶつけるように鬼アワセ。

と同時にドラグ音。

もってけ、もってけーと、しばし耐えて

止まったところでファイト開始。

今回はしっかりフッキングしたようです。

しかし、残念なことに、

釣友の四野宮さん、宮下さんはすぐにフックアウト。

高橋さんも魚影見えて

取り込みというところでフックアウト。

結局、私だけ。

何度かの突っ込みをかわし

船長のモリ打ちきも決まって船内へ。

やりました。今期も何とかゲット出来ました。

 マグロ

いや~、何度かの突っ込みはかなり引きました。

ミヨシで左舷、右舷と行ったり来たり、

ここでしくじったら今までの苦労が・・・。

慎重に、慎重に、慎重にやって結果が出ました。

マグロ

そのワンチャンス以降は相模湾クルーズとなりました。

難しいですね、相模湾キハダマグロ。

一発必殺一撃でピンポイントに放り込まないと食わないですね。

前回同様、マグロバッグに詰め込んで

超安全運転で帰りました。

今回も解体ショウーの末、スタッフ一同で美味しくいただきました。

マグロ

まぐろ

まぐろ

今回はフライパンにオリーブオイルとニンニク

そこにマグロのブロックを入れて軽くソテー

焼いた後のオリーブオイルに醤油などで味をつけた

タレをつけていただきました。 旨い!

相模湾と龍義丸の龍崎船長に感謝です。

 

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2017.06.16更新

本日は相模湾です。

マグロのシーズンインです。

恒例となった長井港 龍義丸さんにお世話になります。

昨年はここで9月に1本とりました。

龍義丸

今年はどうでしょうか。

海の状況はまずまず。

沖に向かう途中に鳥っ気はありましたが、

固めるような感じではありませんでした。

沖に行っても同じで、しばらくは探索&クルージング。

他船が2隻キャスティングしているのに近づくと、

船長、前方の海面にマグロの跳ねを発見。

大回りして、ゆっくりと追い込むように先に出ると、

鳥もいないのにマグロが跳ねながら近づいてくるのが見えました。

メンバーはいつもの3人です。師匠の高橋さんと宮下さん。

3人、ほぼ同時にお互いのタイミングを計ってキャスト。

まず、宮下さんヒット。

次いで私にヒット。

高橋さん、ミヨシで頑張っているのにヒットせず。

が、ほどなくヒット。

3人同時にヒットなんて珍しい。

しかし、私、ヒットと同時に宮下さんと

ラインがクロスしているのに気付いた。

ドラグは回転しているまま宮下さんのラインのクロスを解き、

ファーストランをしのぎ、止まったところで

ファイト開始 のはずだったけれど・・・。

ふっとテンション外れてまさかのフックアウト。

横を見ると宮下さんも同じくバラシ。

一瞬の出来事。

なんという事でしょう。

フッキングの甘さが最大の原因なのかと自己分析。

確かに鬼アワセはできてなかった。

おそらく、元気なマグロちゃんは海底に向かって突っ込んだ後、

急に反転してフックがポロリ。

宮下さんもきっと同じ状況かと。

鬼アワセは大事だ。

師匠曰く、ラインがクロスしないように投げなくてはだめです。

周りをよく見てナブラの進行方向に向けて。

ですね。

高橋さんは、難なくランディング。

ryuuyosi

今季初マグロゲットです。うらやましいかぎり。

そのワンチャンス以降は相模湾クルーズで終了です。

でも今年は幸先よく、マグロも誘い出しでガンガン食ってくるので

面白い釣りができるんじゃぁないかと

期待感がふつふつと湧いてきました。

ryuuyosi

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2017.06.09更新

前回の釣行でヒラマサキャスティングを試してみました。

私の持っているヒラマサに対応できるロッドは

マグロで使用しているものしかないので、これで振ってみましたが、

どうにも長すぎて思うように振れません。

YamagaのBluesniper824 という比較的ティップの柔らかい竿です。

これをもって胴の間でアンダーでキャストしても飛ばない飛ばない。

プラグの重さがうまく乗らずにティップが十分に曲がりません。

その後、いろいろな方のアドバイスの結果、

ショートレングスの外房ヒラマサキャスティング用のロッドという事で

CB-ONE VFR738を前日に購入してのチャレンジとなりました。

今日は大原港の松鶴丸さんに乗せてもらいました。

松鶴丸

本日もヒラマサ狙いなので水深20m前後を流します。

もちろん、私はキャスティングメインで臨みました。

今日は投げまくろうと決めてやって来ましたから。

ジグでは水深が浅いので根がかりもさることながら

バイトチャンスが短いと思いキャスティングメインでチャレンジです。

この日はミヨシは常連さん一人だけでなんと、

その常連さんに呼ばれてミヨシで投げてもOKをもらいました。

はじめはフローティングをキャストしていましたが飛距離を考え

シンキングペンシルに変えキャスト。

ふらふらと引いてくると、なんと

ヒラマサがデカい口を開けてバイトするのが見えました。

ガッツリと合わせを入れて数回の突っ込みをかわしてネットイン。

ヒラマサキャスティング、初ゲットです。

まさ

本日はさらに1本キャスティングで追加して

さらに、ジギングでもヒラマサ1本ゲットしました。

幸運なことにジギングでワラサを1本釣り上げて

ワラサ

終わってみればヒラマサ3本、ワラサ1本の釣果でした。

ヒラマサ2本はリリースしてきました。

ところが今日の報告はこれでは終わらない。

何と、私の隣でキャストしていたアングラーに

今まで聞いたことも見たこともないような水柱と飛沫と捕食音。

「バッコ~ン」とでも言いましょうか

「ゾバッ」とでも言いましょうか、

直後にリールの逆転サウンドが延々と。

こりゃー、根にまかれてアウトだなって

みんなは秘かに思っていたに違いない。

30~40分ぐらいやってたでしょうか、

寄せては走られ、寄せては走られの末

上がってきたのは大マサではなく、みんな驚きのクロマグロ。

マグ

しかも、45kgクラスかそれ以上ではないか。

shoukaku

いるんだね~、外房。

しかし、水深30mで、しかもPE3号でよく上がったもんだ。

本人に聞いてみるとマグロクラスは初釣果だそうだ。

運、全部使い果たしたんじゃないのかな・・・。

 

家に帰って、ヒラマサとワラサ、よく似ていますよね。

パッと見てもすぐにはわからない。

まさ

捌くと全然違うけどね。もちろん食味も。

本日はいい経験をさせていただきました。

松鶴丸さんと外房の海と

shoukaku

幸運なアングラーさんに感謝です。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2017.04.28更新

今回も外房釣行です。

前回のワラサのお造り、しゃぶしゃぶ、

カマの照り焼き、漬け丼

おいしかったな~~。

船上でしっかり血抜きと神経〆がいいような気がします。

さて本日も宏昌丸さんです。

いつもの海域とはちょっと違い

浅いところから始まりました。

ジギングもいつものようにジグを泳がすようにしゃくっています。

今までの感じがこの釣り方で合っているようなので。

ほどなくしてアタリが、いつもより引きが強いようです。

ヒラマサ

しこたまてこずらせながら上がってきたのはなんとヒラマサ。

やりました!! 外房のヒラマサ初ゲットです。

まさ

ヒラマサ、数か月前までは憧れの魚。

まさか自分で釣るなんて思いもよらなかった。

もっともっと釣るのが難しいのかと思っていましたから。

憧れの魚にやっと出会えた。

これが、ヒラマサか。

終わってみるとこの日はヒラマサ3本の釣果。

何と幸運なことでしょう。

初ヒラマサゲットの後、とさらに2本追加という快挙です。

ご満悦の釣行となりました。

まさ

まさ

この日は私の外房釣行に賛同してともに

外房デビューした釣友にも初ヒラマサゲット出来ました。

まさ

意外と彼も持っているんですよね、頼もしい釣友です。

タイラバでは悔しい思いを共にした仲です。

相変わらず、嬉しそうな顔してますよね。

 

外房の海に感謝です。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2017.04.14更新

外房ジギング3回目です。

今回は午前船に挑戦です。

朝早く起床で4時30分には川津港に集合です。

早朝の釣行ルートは快調で楽しい時間を過ごした後、

時間ぴったりに到着です。

今回は単独釣行です。

前回に感じたジグのしゃくり方を今回も実証したいと思います。

着底もしっかり取り、ロッドは強くあおらず、

リーリングでジグを泳がすように。

ほどなくして、ずっしりとしたあたりと共に

思いっきりロッドを絞り込む引き。

鬼アワセを食らわせて楽しみながら引き寄せると

型の良いワラサです。

warasa

本日は神経締めの道具を持参してしっかりと〆て保存しました。

やはり、このほうが美味しいような感じがします。

この日は真に「ワラサ祭り」に値する釣果で、

終わってみたら6本のワラサをゲットです。

ワラサ

釣友や知り合い、懇意の寿司屋におすそ分け。

私もさばいて美味しくいただきました。

ワラサ

なんと、身の一部から紐状の寄生虫が出現です。

これには驚きました。30cm以上の長さです。

糸状虫

これはブリ糸状虫と云う寄生虫で

人には害はないとの事でした。

ちょっと引いてしまいますよね。

でも、養殖のものには感染しないとの事で

天然物のみに見られるとの事ですした。

犬糸状虫なら標本もありますが、はるかにデカい。

でも、お刺身で美味しくいただきました。

koushou

 勝浦の恵みに感謝です。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2017.03.31更新

なんとなくどんよりとした空を恨めしく思いながら
本日の釣行は東京湾、タイラバです。
実は私、タイラバ初デビューでいきなり5枚を釣り上げてしまい、
比較的簡単に釣れるもんだとたかをくくり、いい気になってしまいました。
それ以降、まったくというほど釣果に恵まれていません。
この日こそはと念じていましたが本日の天気にいや~な予感が立ち込めてきました。
本日は薬のメーカーさんと、薬の販売店さんと、検査センターさんと
動物病院の代表の戦いとなりました。
東京湾に出ると強風と波とうねりでタイラバがうまく引けません。
すぐに戦意喪失。
潮どまり前後で製薬会社と販売会社が立て続けに真鯛を釣り上げました。
その後、海が荒れて納竿となり私のタイラバジンクスは継続となりました。

相変わらず、タイラバには縁がありませんな~~。

久下鯛

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2017.03.24更新

本日は遠征です。
かねてから気になっていた外房ジギングにチャレンジです。
基本的にはジギングは大好きで東京湾、相模湾で
ジギングを楽しんでいます。
シーバスジギングに始まり、タチウオ、サワラ、ワラサと
楽しんできました。
今回はジギングの聖地外房で青物、あわよくばヒラマサが
狙える外房に遠征地を決めました。
今までこの聖地に踏み込めなかった理由としては
外房ジギングの敷居が高いイメージがあったためと
船宿までの距離が問題でした。
距離の問題は綿密にルートを考えて思い切って
午後船に合わせてまずはルート開拓として
先々週に大原までのルートを開拓してきました。
この時は松鶴丸さんにお伺いしました。

shoukakumaru


この時も同船者の方もみなさんでフレンドリーでした。
敷居の高さは感じませんでした。
しかし、残念ながら、東京湾のしゃくり方では通用しませんでした。
船中数本の釣果でしたので、外房の厳しさを痛感して
帰ってきました。


今回は勝浦の川津漁港の宏昌丸さんにおじゃまです。

 

koushoumaru


本日は波、風、やや強く、出船してみると揺れる揺れる。
千葉外房の洗礼を受けたような感じです。
港を出港して波かぶりまくりでキャビンにいないとずぶ濡れに。

本日はワラサ狙いという事で水深50~70mでチャレンジです。
何としてでも1本は掛かってほしいの思いで触れる船で耐え忍びました。
そのかいあって終了間際にヒット!
すっごく元気な引きを堪能して上がってきたのはワラサ。
外房の初ワラサです。

 

初ワラサ


同行した釣友にも終了時、「はい、上げて」の合図にヒット。
何という強運?の持ち主でしょうか。
嬉しそうな顔が物語っています。

 

五野上


家で計測すると4.7kgの立派なワラサでした。
美味しくいただきました。
外房の海に感謝です。

佐保と

刺身

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2017.01.06更新

新年が始まりました。

また年を無駄に重ねていこうとしています。

今回の年末年始はこれといったハプニングもなく

ごくごく普通の生活で時間が過ぎていきました。

ほとんど毎日、当番という病院勤務に明け暮れていました。

初めての金曜日はのんびりとフライフィッシングにでも行きましょうか。

という事で今回は開成水辺フォレストスプリングスにやって来ました。

開成は自然の中での釣りという雰囲気を堪能できるから好きです。

また、魚がデカい、食べておいしい、が私の印象です。

でも、最近は爆釣できずにてこずることが多くなってきてます。

管理釣り場は釣れるもの・・・のイメージが崩れます。

とりあえずこんな魚を釣って、楽しみました。

開成

 

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2016.11.04更新

本日は鴨下丸さんに乗船です。


ここのところ不調続きで大した釣果もなくやきもきしていたところです。
釣友の宮下さんに誘われて今回3度目のトライです。
前々回のタチウオはパッとした釣果でなく、ちょぼちょぼって感じで終了。

前回はマグロのメンバーで青物チャレンジし、撃沈を食らいました。

今回は連日そこそこの釣果の報告があり期待に胸を膨らませての出撃です。
同船者も合計8名だったような。
青物見たさの強者ばかりのようです。
そんな中で、今日はどんな釣りができるのか心配になってきました。
皆さん思い思いのしゃくり方で釣り開始。
しばらくしていると釣友の宮下さんにヒット!

m1

 
結構大きそう。
上手いやり取りですぐに上がってきたのはワラサクラスのナイスバディ!

m2

 

いい顔してるね~

 デカいね~~、こんなの東京湾にいるんだ!
が、私の感想。これは幸先がよろしいね、今日は。

しかし、後が続かない。

場所を大きく移して再開。
そこで私に待望のヒット! が、すんなり上がる。
イナダでした。

またヒット、も、カンパチのショゴクラス。

きょうもダメかな~の雰囲気が辺りを包み込むような時間に、
船長、上げ潮でこの辺りはワラサの回遊があるはず。
のお言葉。
腕パンの体に鞭打ってしゃくりだす同船者。

すると、ヒットの声の主は宮下さん。
え~~、2本目?? 何でよ!
今度もデカい! 
ブリのような魚体が姿を現す。
マグロの憂さを晴らしているようです。


よしわかった。宮下さんの真似をしよう。
連続ハイピッチの後にポーズの繰り返し。
かなりしんどい釣り方です。

他の方がヒットの声。
魚はいるはず。
すでにもう陽がかなり傾いている。
時間か~~。
いや、最後まで頑張ろう、悔いのない釣りをしよう。

と、底から5しゃくりぐらいでひったくるようなアタリ!
アワセを入れてフッキング。

デカい、

重い、

慎重に。

途中何度かドラグを出していったがついにネットイン。
いや~~、何とか型を見れて満足です。

 満足

帰りの夕日がきれいでした。

 夕日

家ではお刺身とあら汁のみそ仕立てでいただきました。

東京湾、面白くなってきそう。

そうはうまくいかないか。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

2016.09.02更新

前回のキメジゲットの後も何度かトライするものの
ナブラは復活せず、相変わらずの静かな海状態で、
鳥も少ない状況の釣行を繰り返していました。
あっという間に8月も過ぎ去りいや~な空気が辺り一面漂う中、
例年ではこの時期にナブラ復活が起こる時期のハズと
期待ばかり膨らんでいます。
いつもの3人で龍義丸から出船。

 龍義丸

今までいろんなことを試してきましたが答えが出ていません。
ナブラが無いので誘い出し。
誘い出しは得意ではありません。
出てきたためしがない。
今までの実績から行くと、ナブラの中にシンキング・ペンシルを沈めて
チョンチョンと誘いをかけるやり方かな。
私が過去に仕留めたやり方。
この日も前半、な~~んにもない。
鳥はいるが動きが速く追いつかない。
投げるチャンスがない。

 

イメージです。イメージです。


午後になると船長大移動。
ここにはマグロ船団が大集結。鳥っ気もあり興奮度上昇中。
と、突然巨大ナブラ出現。

イメージです。

釣友2人はミヨシに位置し、キャスト開始。
私もワンテンポ遅れてシンペンをキャスト、
イメージ通りにチョンチョンとアクションを入れると確実なアタリ。
鬼アワセを数発入れてフッキング。
ファーストランはそれほどでもなく、
いつもの相模湾のアベレージクラスのようだ。

 記憶

あ~、ここで、前回、あるいは昨年のいや~な記憶が頭の中を駆け巡る。
あせるな、あわてるな、無理するな、慎重にいけ、
こんな言葉が頭の中をめぐり回る。
いいぞ、確実に上がって来る。あとは取り込み時に注意だ。
船長のモリが一発で決まる。やった、ゲットだ、2年ぶりだ、よかった。

ミヨシの2人は残念ながらノーバイトでした。

本日のヒットルアーです。

 ヒットルアー

テイルフックが上あごにかかり半分が口の中にありました。
ご覧の通りテイルの部分が破損していました。
マグロすごい!


お持ち帰りにはこれ!
久々に登場、マグロバッグ
ちなみに一人では運べません。

 マグロバッグ


家に帰って解体ショー。

 解体ショー

釣友が胃袋の中身を気にしていましたのでチェックしたところ
胃袋の中身は18cmぐらいのマイワシでした。
まさにマッチザベイトでした。

 マッチザベイト

業者さんもお祝いに駆けつけてくれて、皆さんにもお土産に。
あっという間にマグロはさばけました。
届かなかった方、ごめんなさい。


次回に期待していてねって、そう簡単には釣れません。

放心状態放心状態

今年のマグロはなんとか1本上がりました。やれやれです。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

前へ
動物ふれあい活動 加藤動物病院のつぶやき 院長の独り言
メールでのお問い合わせはこちら