病院案内

tel_sp01.png
tel_sp02.png
メールでのお問い合わせ

ごあいさつ

『動物と楽しんでいますか?』 
動物と暮らす楽しさ。ふわふわの感触、ふと見せてくれる仕草、じっと見つめる瞳。
一緒に行く散歩、洋服やおやつを選ぶ。
かけがえのない時間を与えてくれる動物たちですが、病気になったり、ケガをしたり困った問題に直面することだってあることでしょう。
そんなときに、動物たちとご家族の皆様とのあいだに立ち、楽しい時間を増やすお手伝いの出来る病院になりたいと私たちは考えています。
病気やケガの治療方法も、今はいろいろなものがあります。ご家族の方の希望、それを実施した場合の動物たちへのメリット、デメリットなどを納得のいくまで話し合い、最良の方法をともに作っていきましょう。ご家族の方もどんどん治療にご参加ください。
病気にはなってしまったけど、家族のチームワークがよくなった、絆が深まった、ということもあります。
あの子がいてくれてよかったね、楽しかったね、と言っていただけるような医療を目指していきたいとスタッフ一同、日々努力を続けていきたいと思います。

常に獣医学は進歩しています。

近年の獣医学の進歩には、目を見張るものがあります。
人の医療の後を追う形で、検査の分野では超音波、CT、MRI、血液検査、生化学検査、遺伝子検査、ウイルス検査、細菌検査などさまざまなことが可能です。
治療の分野でも、白内障や、椎間板ヘルニア、心臓弁膜症などに代表される専門医による高度な手術、放射線治療、抗がん剤を用いた化学療法や、行動療法、などで動物たちの豊かな生活を守ることが可能になりつつあります。
当院では、各種のセミナーに積極的に参加し、最先端の診断技術や治療法を取り入れるべく努力を惜しみません。
より多くの動物たちに最新獣医療の恩恵をお届けしたいと思っております。

院長紹介

プロフィール

獣医師:加藤 一則

誕生日 1957年4月23日
学歴 麻布大学卒業
趣味 フィッシング、映画鑑賞、ボウリング、愛犬と遊ぶこと

一 言:私たちは究極のホームドクターを目指しています。
動物たちの抱えている悩みは多種、多岐にわたりますがその一つ一つに時間をかけて取り組んでいこうと考えています。
ちょっとした疑問や心配事でも飼い主にとっては重大関心事だったりします。
ほんの小さなことから、不幸にして大きなトラブルに見舞われてしまったとしても動物と飼い主と治療に関しとことん話し合う姿勢で臨んでいます。

副院長紹介

プロフィール

獣医師:加藤 章子

誕生日 8月16日
学歴 麻布大学卒業
趣味 料理、映画鑑賞、愛犬と遊ぶこと

あいさつ

家族の一員であるペットが病気になると、飼い主さんは本当に辛く、悲しいお気持ちになってしまいます。私は、そんな飼い主さんのお気持ちに寄り添い、そのお痛みをご理解できる獣医師でありたいと思っています。
もし、ペットが大きな病気になってしまっても、私たちがついています。一緒に病気と向き合い、闘っていきましょう。

スタッフ紹介

獣医師

現在獣医師は6名。
就職希望の方はスタッフ募集を覗いてね。

AHT

現在AHTは4名。
就職希望の方はスタッフ募集を覗いてね。

トリマー

現在トリマーは2名。
就職希望の方はスタッフ募集を覗いてね。

ATI

アニマル・トレーニング・インストラクター(ATI)は現在1名のみ。

当院の特徴

どんなことでも気軽に相談できる。
そんな動物病院でありたいと思っています。

どうぶつと暮らしていれば、小さな疑問、大きな悩み、いろいろと出てくると思います。
そんなときに、今、抱えているトラブルを獣医師、動物看護士、トレーナー、トリマーそしてご家族の皆様とともに考え、最良の解決方法を見つけていくお手伝いをしたいと考えています。
必要であれば、重医科大学など高度獣医医療施設へのご紹介もいたします。
また、セカンドオピニオンのご相談も承っております。
お気軽に当院の扉を叩いてください。
私たちは、いつもそばにいる動物病院でありたいと願っています。

動物とのふれあい活動を行っています(動物介在活動A.A.A)

私たちは、ボランティアとして、どうぶつたちを連れて老人施設などへ訪問するどうぶつふれあい活動を行っています。

人の心をなごませるどうぶつたちの不思議な力を多くの方々に感じていただきたいのです。当院のスタッフとそのパートナー動物を中心にチームを組み、1か月に1回のペースで市内の老人施設におじゃまし、ふれあいを楽しんでいます。

お年寄りやご家族のみなさま、施設職員の方々楽しみに待っていてくださいます。あなたもご一緒しませんか?

動物たちには簡単な適正審査を受けていただきますが、基本的には人間大好き、よその動物と仲良くできるという子ならば大丈夫です。

しつけ教室や問題行動のカウンセリング

人間のこどもに良いこと、悪いことを教えるように動物たちにも人と暮らしていく上で、して良い事、悪い事を教えていくことが大切です。
基本となるのはオビディエンスと呼ばれる服従訓練で、家族として暮らしていくために必要なルール、たとえば「坐れ」や「待て」、「来い(come)」、一緒に歩く「脚側歩行(heel)」などです。
これらは、特別な犬たちにだけ必要なわけではなく、家庭犬にこそ必要な訓練であると私たちは考えています。この訓練を繰り返すうちに動物との信頼関係が結ばれ、固く、かけがえのない絆となっていくでしょう。
そして、それが、無駄吠えや咬みつき、破壊行動、極度の分離不安といった問題行動を予防し、楽しく、豊かな生活への第一歩となることでしょう。さらに、犬や猫の種別の特性、動物行動学に配慮した愛犬・猫講座も随時開催しています。
動物の置かれた環境を多角的に分析し、人と動物双方にストレスの少ない生活を提案していきたいと考えています。

CACCの案内

住所 〒232-0066 横浜市南区六ッ川2-108-15
電話 045-742-3531
最寄駅 京急弘明寺駅
駐車場 あり

※時間外および急患の方はお問い合わせください

診療時間
診療時間
9:00~12:00
13:00~19:00 - - -

弘明寺院の案内

診療動物

犬・猫・小動物(うさぎ・フェレット・ハムスター・小鳥など)

診療動物

犬・猫・小動物(うさぎ・フェレット・ハムスター・小鳥など)

院内ツアー

院内ツアー

 

院内ツアー

 

院内ツアー

住所 〒232-0073 横浜市南区永田南1-5-4
電話 045-742-7303
最寄駅 京浜急行井土ヶ谷駅
駐車場 あり

※時間外および急患の方はお問い合わせください

診療時間
診療時間
9:00~12:00 - -
15:00~18:00 - - -

休診日:木曜日、祝日

院内ツアー

 
 

受付

 

待合室

 

院内①

院内②

 

診察室①

 

診察室②

院内ツアー

 

院内ツアー

 

院内ツアー

院内ツアー

 

院内ツアー

 

院内ツアー

院内ツアー

 

院内ツアー

 

院内ツアー

院内ツアー

院内ツアー

機材紹介

 
 
動物ふれあい活動 加藤動物病院のつぶやき 院長の独り言
メールでのお問い合わせはこちら