動物とのふれあい活動

tel_sp01.png
tel_sp02.png
メールでのお問い合わせ

2015.03.15更新

今年最初の訪問活動になりました。
この冬の感染症はいかがでしたのでしょうか。
皆さんお元気で私達を迎えてくださるでしょうか。



そんな期待をこめて本日はライフモア保土谷さんにやってきました。
私の病院スタッフ以外のメンバーも感染症対策明け初めての活動とあって
気合が入っていました。
今回は今までになく大人数での訪問となりました。



なんと、犬13頭、猫4頭、ボランティア18人がそろいました。
ここの施設は広いスペースで活動ができますので
大人数でも楽々ですし、これだけ動物たちがいると
活動自体もゆとりがでてきます。



30分の活動時間ですけど、あっという間に時間が経過してしまいます。
対象者の皆さんとのお話も30分しっかりとできますので
声がガラガラとなってきます。
皆さん活発な会話ができて楽しまれていたようで
こちらもたくさん元気をいただいた感じです。



また来ますので
お元気でいてくださいね。


投稿者: 加藤どうぶつ病院

2015.03.12更新

ようやく感染症対策も緩くなってきました。
もう3月です。
梅の花が満開の季節となってしまいましたね。
本日は南区の「人と動物のふれあいクラブ ぬくぬく」の活動に
参加してきました。



この活動は南区の南福祉保健センターが主催する
「人と動物とのふれあい事業」より派生したボランティア団体、
「ぬくぬく」の独自で行っていますふれあい活動(動物介在活動)です。
年間17~18回、5施設に訪問活動を行っています。
詳しくはおいおいご説明していくつもりです。



私は実は久々の活動参加でした。
というのも、活動日がウィークデイのことが多く
仕事の都合上、参加できないことが多くてメンバーの皆さんには
申し訳なくて仕方ありません。



対象者の方々も活発な会話ができて楽しい活動ができました。
参加したある方は「動物はかわいくて見ているのはとても好き。」
「だけど、触るのはちょっと苦手。飼った事も無いし、怖くて触れない。」
とおっしゃっていました。

動物が近付いてきて、隣の方がそっと手を差し伸べるのを見て、
思わず手が伸びてきたみたいで、ごく自然に犬たちに触れていました。
「触れるじゃない!!」って言ったら、
恥ずかしそうに「触っちゃった!やわらかいね。」って。
すごくいい笑顔で教えてくれました。
また一人、動物好きを発掘してしまいました。




「また来るね」ってご挨拶したら、ニコニコとして手を握ってくれました。
また、いこっと。

本当は皆さんの素敵な笑顔をそのままに見てもらいたいと考えていますが
ぬくぬくの規定で写真の公開がこのような形でしかできません。
訪問した施設名も公開することができません。
規則ですので仕方ありませんが、おいおい施設とも話し合って
せめて皆さんに生の活動に近い雰囲気を感じ取れるように
していきたいと思います。


投稿者: 加藤どうぶつ病院

動物ふれあい活動 加藤動物病院のつぶやき 院長の独り言
メールでのお問い合わせはこちら