院長の独り言院長の日常を更新しています

tel_sp01.png
tel_sp02.png
メールでのお問い合わせ

2015.08.07更新

本日もマグロチャレンジに行ってきました。
今年の相模湾はいつもと違い開幕したかと思いきや
どうもナブラの出現が少ないように思います。
今日の釣行まで通い続けていますが
良いナブラには恵まれずいまだ坊主街道まっしぐらです。

本日もいつものメンバーで龍義丸にお世話になりました。

釣友のTさんは開幕戦早々に1本上げていますので
余裕のコメントばかりで私の心をグサグサ貫いてきます。
まったくうらやましい限りです。

この日もナブラが少なく鳥もまばらな状態でした。
そんな中でも少ないチャンスにキャストを繰り返すのですが
私のルアーは食ってくれません。
もちろんメンバーのルアーにも。

そうこうしているうちに今日もダメかな~という時間が
まったりと流れていく。
今年は何度となくナブラを叩くのですが一向にヒットしませんので
あきらめかけたときにここぞというナブラが・・・。
18cmのフローティングをナブラのヘリにたたきこむと
水柱とともに懐かしいアタリが手元に。
がっつりと合わせを食らわせしっかりフッキング。
さあ、ファイト開始、と思いきやラインの引き出しがいまいち。

いつものサイズのマグロならしばらくラインを引き出すのですが
すぐに止まってしまいます。
すぐによってきたのはキメジでした。



釣友曰く
「とりあえず、おめでとうございます。相模湾のマグロですよ。
 このサイズでも釣れない人はたくさんいますから!」
「よかったじゃないですか。」

・・・・・・・。

とりあえず、私は「ありがとうございます。」

私の釣りの師匠と思っている方ですので。
でも、本当は、
「これはメジですよ、加藤さん、技術を高めて挑戦してください。」
が、本当の言葉なのかと思っています。

ま、相模湾のマグロはとても難しい釣りですので
そう簡単には釣れないとは覚悟していますが、
今後に期待ですね。

次も頑張ってみたいと思います。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

動物ふれあい活動 加藤動物病院のつぶやき 院長の独り言
メールでのお問い合わせはこちら