院長の独り言院長の日常を更新しています

tel_sp01.png
tel_sp02.png
メールでのお問い合わせ

2016.09.02更新

前回のキメジゲットの後も何度かトライするものの
ナブラは復活せず、相変わらずの静かな海状態で、
鳥も少ない状況の釣行を繰り返していました。
あっという間に8月も過ぎ去りいや~な空気が辺り一面漂う中、
例年ではこの時期にナブラ復活が起こる時期のハズと
期待ばかり膨らんでいます。
いつもの3人で龍義丸から出船。

 龍義丸

今までいろんなことを試してきましたが答えが出ていません。
ナブラが無いので誘い出し。
誘い出しは得意ではありません。
出てきたためしがない。
今までの実績から行くと、ナブラの中にシンキング・ペンシルを沈めて
チョンチョンと誘いをかけるやり方かな。
私が過去に仕留めたやり方。
この日も前半、な~~んにもない。
鳥はいるが動きが速く追いつかない。
投げるチャンスがない。

 

イメージです。イメージです。


午後になると船長大移動。
ここにはマグロ船団が大集結。鳥っ気もあり興奮度上昇中。
と、突然巨大ナブラ出現。

イメージです。

釣友2人はミヨシに位置し、キャスト開始。
私もワンテンポ遅れてシンペンをキャスト、
イメージ通りにチョンチョンとアクションを入れると確実なアタリ。
鬼アワセを数発入れてフッキング。
ファーストランはそれほどでもなく、
いつもの相模湾のアベレージクラスのようだ。

 記憶

あ~、ここで、前回、あるいは昨年のいや~な記憶が頭の中を駆け巡る。
あせるな、あわてるな、無理するな、慎重にいけ、
こんな言葉が頭の中をめぐり回る。
いいぞ、確実に上がって来る。あとは取り込み時に注意だ。
船長のモリが一発で決まる。やった、ゲットだ、2年ぶりだ、よかった。

ミヨシの2人は残念ながらノーバイトでした。

本日のヒットルアーです。

 ヒットルアー

テイルフックが上あごにかかり半分が口の中にありました。
ご覧の通りテイルの部分が破損していました。
マグロすごい!


お持ち帰りにはこれ!
久々に登場、マグロバッグ
ちなみに一人では運べません。

 マグロバッグ


家に帰って解体ショー。

 解体ショー

釣友が胃袋の中身を気にしていましたのでチェックしたところ
胃袋の中身は18cmぐらいのマイワシでした。
まさにマッチザベイトでした。

 マッチザベイト

業者さんもお祝いに駆けつけてくれて、皆さんにもお土産に。
あっという間にマグロはさばけました。
届かなかった方、ごめんなさい。


次回に期待していてねって、そう簡単には釣れません。

放心状態放心状態

今年のマグロはなんとか1本上がりました。やれやれです。

投稿者: 加藤どうぶつ病院

動物ふれあい活動 加藤動物病院のつぶやき 院長の独り言
メールでのお問い合わせはこちら